出掛ける

2018年4月22日 (日)

チューリップを観てきました

20代のころより「行きたい」と思いながら&言いながらずっと行けなかった砺波のチューリップ。

やっと行ってきました。

Img_4793 チューリップタワー。

    

カメラのシャッター、カシャカシャし始めたものの、

あれもこれもどれもそれも、となり、

どんだけ撮ってもキリがないや、と写真を撮るのを止めました。

チューリップの種類があんなにあるなんて、ただただビックリ。

思いのほか暑い一日でしたが、出掛けられてとても良かったです。

本当は「ブリザードフラワーのアレンジメント」をやってきたかったのですが、

会場が少し離れていたので諦めました。で、

花をいっぱいぶっ挿してきましたよ。


Img_4853

しばらく余韻に浸れます

2016年11月 8日 (火)

京、見学

遠い昔、パソコンはおろかオフコンでさえ珍しかったころ、プログラマーになるための勉強をしていました。

「ああ、こんな科に入るんじゃなかった…」と後悔したことは幾度となくありますが、基礎の基礎のそのまた基礎を勉強した身としては、やっぱり気になるのです「スーパーコンピュータ」という言葉。

というわけで出掛けてきましたよ、スパコン京の一般公開。

Img_4289 理化学研究所の計算科学研究機構

一日では足りない!

ああ、もっと勉強しときゃよかったっていう気持ちと、

今の子は、こんな恵まれた環境で勉強しようと思えば出来るんだっていう羨ましさと、

機械がいくら発達しても、それを作るのも使うのも人間なんだっていう誇りと、

機械に使われる生き物にはなりたくないっていう気持ちと、

高校生のころの自分とクラスメイトと情報処理科の先生たちと一緒に来られたらどんな顔して此処に居るだろう?という気持ちや、

まぁいろいろごちゃ混ぜになりました。

Img_4304

どんな進化を遂げるんだろ?

理系はパッパラパーだと思い込んでいた自分が恥ずかしくなりました。

中学生のとき、数学は嫌いだけど理科は好きだったのよねぇ。

高校では数学も化学も物理も大大大嫌いで、でも化学の実験も情報処理の実習も面白かったなぁ。

そんなことを思い出しながら会場を後にしました。

来年生きていたら、また行きたいです。

2016年6月12日 (日)

「夢と魔法」の二日間

先週金曜日に有休をもらいました。

まさに「清水の舞台から飛び降りる」ってな勢いで、キラキラの二日間を過ごしました。

Img_4148

一日目:東京ディスニーシーへ。

今年は開演15周年だそうで。

一度も行ったことがないので、何をするにも口をあんぐりと(ぽかーんと)開いてて、

乗りたかったアトラクションはほぼ制覇して(休みだったのがありました)、

ショーは運良くいちばん前の席に座ることが出来てノリノリ

二日目:国立新美術館で開催されている「ルノワール展」を観てきました。

Img_4160


少し前に名古屋でルノワールの同じような絵画は観たけれど、セーヌ川を挟んだ、隣同士の美術館の絵をいっぺんに観られるってのは贅沢なことだそうで。

好き好きですが、コッチのが観応えあったと感じました。

ただ人が多い、多過ぎる~

平日に行けば、きっともう少しゆっくり観られるだろなぁ

前日は朝から晩まで動きっぱなしだったこともあるんかな、かなり疲れました。

今回もそうやったんで、「自分はこうなんや」ってのを確信したこと。

それは、ルノワールの絵は人物画より風景画のほうが好きってこと。

観たことあるのは、圧倒的に人物画が多いけれど、風景画のほうがホッとするから。

その後は、絵画館付近で練習会をしていた人たちに会いに行って、ずっと同行してくれたしぶままさんと別れて(大変お世話になりました。有難うございました)、(せっかく東京へ行ったのだから)トロンコーニのケーキを食べてきました。

Img_4157 ムース・オ・マンゴー。

これ、フォークを入れるとビックリします。

マンゴーだけじゃない!

美味しかった~。

胃の余裕は、ケーキ一つ食べるのがやっと、ってな状態なので、今回はショーケースを横目で見ながら「あれ、美味しそう。あ、アッチもエエな。全部食べられるとエエのになぁ」と、とんでもないことを考えていました

    

夢のような時間はあっという間に終わっちゃったよ。

ああ、楽しかった。ああ、美味しかった。ああ、嬉しかった。

思い切って「行こう!」と決めて、実行出来て良かった。

そして現実に戻りました。

2016年5月30日 (月)

絵画鑑賞~久々

先週土曜日のことですが…。

Img_4141

名古屋ボストン美術館で開催されている『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』、観てきました。

高校時代の同級生と現地で待ち合わせ。

午前10時過ぎに入館し、一通り観終わったのが午後11時半ごろ。

見聞きしたことのある画家、初めて知った画家、いろいろ。

油絵だけでなく水彩画や木版画、エッチングも写真もあり、また予想していたより間近で観られたり。

「こんなん嫌い」「こっちは好き」等、観るときの気持ち一つでころころ変わるんだろけどね。

昔は「絵を観る」なんて考えられんかった。観ようとも思わんかった。

22年前の傷心旅行で欧州へ行き、途中降機したアムステルダムで観た絵に「本物は凄い!」と迫力に圧倒されて、絵を観るのが好きになりました。

といっても美術館や博物館に足を運ぶのは年に二・三回有るか無いか、です

友だちとは、観た時間よりうーんと長く喋ってました。

日が長くなったこともあり、文字通り「時間を忘れて」。

体調はよろしくないままですが、満員電車でも無事行って帰ってこれたのでヨシとしましょう。

付き合ってくれて有難うね。あなたに会えて良かった。

2016年3月 5日 (土)

ピカソ展を観る

今日は愛知県美術館へ行ってきました。

Img_4113

正式名称は「ピカソ、天才の秘密」展。

あくまでもド素人の感想;

迫ってくる絵は無かった。

キュビズム以前の絵が中心やったからかな。

疲れに行っただけか?ともチラッと思ったのだけれど、

観にいけて良かったです。

2015年10月31日 (土)

長良川競技場へ行ってきました

マスターズ陸上の全国大会が行われている長良川競技場へ行ってきました。

Img_4030_2


YANCOさん&NAOJIさんが出場するというのを知り、

そりゃ行かなアカンやん、って勝手に決めて

長良川競技場へ行くのは二回目。

前回は雨降りで、全体像が全然分からんままでした。

広いのねぇ。で、球場も体育館もプールもある。総合競技場なのねぇ。

競歩を生で見るのは今日が初めて。

丁度競技場に着いたころが、M60、65のクラスのスタートでした。

そのあとはM70、75、80、85。

自分の親、いや、それ以上の年齢の人たちやのに矍鑠としていて「もう朽ちるだけや」と半ば投げやりになりがちが自分が大変みっともなく且つみすぼらしくて恥ずかしくなりました。

身体は老いても、気持ちまで老いたらアカンのや、ってね。

そんな気持ちにさせられました。

YANCOさんを見つけられて、NAOJIさんにも再会出来た

で、NAOJIさんの出番。

Img_4032_2 スタート前。

走るのとはまた違った面白さがあるんやなぁ。

自分の目で直接見られて良かったです。

うまく表現出来へんけれどね。

NAOJIさんたちに「5000m競歩も面白いよ」と教えてもらったので、それも観ました。

トップの人、断トツに速いの

めっちゃかっこよかったです。

どのクラスの人も、やけれど、上半身は流れるように動いてるんよ。

走るときの流れと全然違うの。きっとそれが「面白さ」の一つなんかな。

願わくばサブトラックでなくメインスタジアムで競技を行なってほしかったですが、参加者が多いのに時間は決まっているから仕方ないんでしょうな。

まだまだ先の話ですが、東京オリンピックでは「マラソン、観にいかな!」と思っていますが、競歩も観戦に行きたいです。

2015年4月 4日 (土)

四月最初の土曜日

frunで知り合ったOちゃんが出品する絵画展が大阪でありました。

観たい観たいと云いながら、一昨年も去年も行けず仕舞い。

今年もアカンかぁ…と思てたのですが、以前ブログで一目惚れした絵も出展、と知り、なんとしても実物を観たい!という気持ちから出掛けてきました。

先月から予想外の出費が重なり、交通費の捻出は非常にキツイものがあるんですけどね、

絵も書も実物を見やなアカンやん、ということで。

Sn3d0153

画面で見るのと実物を見るのとでは大違い。

足を運んで良かったです。

わたしは「書く」のも「描く」のも苦手で、図工も美術も大嫌いでした。

「絵画鑑賞」というのも何がエエのか全然分からず、学校を卒業してからも苦手で敬遠していました。

初めての欧州一人旅のとき、全く行くつもりの無かったアムステルダムへ途中降機することになり、訳分からんけど時間潰しに丁度エエやん、ってな軽い気持ちで入った国立博物館で見た絵(夜警)に衝撃を受けました。動けんかった。

隣のゴッホミュージアムでも同じ。「ひまわり」も「自画像」も動けず。気付けば食い入るように凝視していました。

以来、下手は下手なりに「絵画鑑賞」が好きになりました。

絵、エエなぁ。描ける人、羨ましい。

   

会場を後にし、次は大阪城公園へ。桜を見に、ね。

Sn3d0154_2 気を付けてたのに、知らん人がばっちり写り込んでいた…

大阪城公園は人人人だらけで、過去何回か行ったけれど、今日ほど大勢の人が押し寄せているのは初めて。

猫たちに会いたかったけれど、こんだけ人が多けりゃ出てこんなぁ…と思てたら、そのとおりでした。

櫻を愛でる、には程遠くて、変に疲れて、こりゃアカンわ、と半周も歩きませんでした。

   

走ること以外で出掛けると、疲れ方が違いますね。

あ、お昼はひっさしぶりにビクトリーへ行ってきました。

今日はスペシャルミックスサンドを注文。

Sn3d0152

特別変わった具を挟んであるわけっちゃうのに、なんであんなに美味しいんやろ?パンが違う?プロと比べること自体間違ってるけど、わたしも美味しいサンドイッチ、作りたいなぁ。

「一通り食べる」には、あと何回通わなアカンか分からんけれどね、大阪へ行くときは行きたい店です

2015年1月25日 (日)

今年は行ってきた~大阪国際女子マラソン観戦&応援

昨日、ひっさしぶりに「いつものコース」を走りました。

初フル以前のタイムに戻っとったけれど、「走れてよかったぁ」と安堵した。

「これなら明日行ける」っていうのもあったし。

移動するのに走るからね。しかもリュックサック背負って。

陸上競技場の前はこんなんでした。

Img_3868_2

観客席へ行くと、向こう正面はこんなんでした。

Img_3869_2 芝生がきれい。

   

今回も勝手にTちゃんの応援&観戦に行ったわけですが、彼女、本来の調子には程遠いようでした。見ていて辛かったです。でも本人がいちばん辛いよな…。

一つエエことありました。

それは大好きなランナーの一人である、嶋原清子さんが走っとったこと

招待選手でなく一般参加ね。参加者名簿はじーっと読まなかったので、走っとるのを見て「え?あれって確か…」と思い、名簿を見直して「嶋原さんやー」と喜びました。

森ノ宮の15km付近では通り過ぎたあとやったけれど、30km付近ではしっかり見ました。

おかあさんになっても走り続けていてほしいです。

   

毎回観戦&応援にいくと「おまえ、もっとしっかりせんかい」と叱咤されている気になります。今回もそうでした。

いろいろ考えさせられます。それがそのまま反映されればエエんやけど、そうではないのが修行の足りないところですなぁ…。

わたしは何で走るんかな。




2015年1月18日 (日)

初詣と演奏会

毎年一回、ピアノの先生が参加してらっしゃる演奏会があります。

コロッと忘れていて聴きに行かなかったこともあるのですが、今年は忘れず「ちゃんと行こやー」と決めていました。

どうせ南へ行くんやから、お伊勢さんと足神さんにもお詣りしてこよやー、と出掛けてきました。

日曜日に初詣なんて何年振りや?とんでもなく混むやろうから、と普段出勤する日同様の時刻に出発。正解でした。

外宮さんには午前9時前着。それでも結構な参拝客。

内宮さん近く(といってもかなり距離あるが)の市営駐車場も既に満車に近い。

道路も人人人、でした。

宇治橋の前も「えー」と叫びたくなるくらいの人だかり。これでも御遷宮だった昨年一昨年と比べると減ってるってねぇ…。

なんとか無事に参拝終えて、次は足神さん(宇治神社)へ。

日曜日なので社務所は開いているだろうから、今日は御守りを買わねば!と向かいました。

二年前に買った御守りは返して、母の分と自分の分を今年も購入。

で、その後はお決まりの店へ向かいました。

Img_3860 五十鈴茶屋の粟ぜんざい。

ふたを開けると、こんなんです。

Img_3862 黒豆のぜんざいです。

ここ数年、赤福本店で赤福を食べず、いっつも此処やなぁ。

赤福ぜんざいより100円高いけれど、座敷でゆっくり&ほっこりして食べられるのでね、わたしはコッチのが好き。

あ、隣の赤福本店で母に頼まれた赤福(三個入り)を買いました。

駐車場に戻ると、うっわー・更に混雑~。

駐車場に入る自動車で、かなり渋滞していました。

それを横目に見ながら北上。次は松阪へ。

演奏会までには時間があるので、何か腹に入れとこっと。

ホール近くのパン屋さんに入ったんですが、メッチャ人が多くてゆっくり食べられへん雰囲気。パンも高かったし、サンドイッチは揚げ物挟んであるのが多かったし。

パンは諦め、隣の店に。おかげ庵。

Img_3863 ミニシロノワール(抹茶ソフト&黒蜜)。

はい、此処はコメダがやっとる甘味喫茶。

一人でも気負わず入れる喫茶店です。

普通の大きさのシロノワールは、ぜんざい食べたあとの胃袋には大き過ぎるのでね、これで丁度の大きさでした。

缶詰のさくらんぼ食べたの、何年ぶりやったやろなぁ…。

食べ終わってから信号一つ渡って演奏会の会場へ。

会場に入ってプログラムをもらって「先生、何番目かなぁ?」とめくると、あれ?あらへん…。

もう一回プログラム読んでも、先生の名まえはあらへん。

ん?なんで?ともらっていたチラシを確認。

あっらー・先生の名まえ、ハナからあらへんやんか。

へ?先生出ぇへんの?弾くって云うてみえたんちゃったっけ?

えー・先生出ぇへんのに、松阪まで来てしもたんかー?と

ロビーの椅子で一人ガクっとなっておりました。

先生の先生も出演されますが、出番は遅い。

某事情のため最後までは居られない。先生の先生の演奏は聴けへん。

ピアノ独奏の人の演奏まで聴いて席を立ちました。

キラキラ星変奏曲は聴き応えがありました。

   

音楽大好き。音楽の勉強したい。唄勉強したい。唄うたいたい。

ずーっとそう思ってきたわたしには、ああいうところで演奏できる人はとても羨ましいです。

今日ので自分に響いたのはキラキラ星変奏曲だけやったけどね。

お伊勢さんではある探し物をしていました。

もうアカン。見つからんわ。欲張りはアカンのやね…と殆ど諦めてしまったときにようやく見つけられました。

まだ床に就いてへんけど、今日はとても疲れました。

また粟ぜんざい食べたいです。お伊勢さんなぁ、もっと近けりゃエエのになぁ…

 






2014年12月22日 (月)

東京ぶらり

12月20日に行なわれる大会に出場するため、早々に新幹線の指定席を確保したのは一ヶ月前。

行く気満々で居たけれど、腰の状態はすこぶる悪く、フルマラソン走れる状態ではなかったんで走らないことを決めました。

しかーし。

回数券のバラを金券ショップで買うわたし。アカンがな、東京以遠は払い戻ししてもらえても、東京までのは払い戻し出来へん。二万円超捨てるのは勿体無い以外の何物でもない。それなら…と東京までは行くことにしました。指定席の変更は可能なので、日帰りに決定。

というわけで、19日は東京へ行きました。

スイカの騒ぎなんぞ全然知らなくて(東京駅では駅長さんの放送が流れとった)、腰の痛さに耐えながらの移動となりました。

昼前に着くようにしたので、さぁ、昼は何処で食べる?と一応事前にネットサーフィン。

ときた店に行ってみました。

靖国神社近くの「Chili parlor 9」へ。

チリコンカルネみたいなのが食べたい!と思てたのに、注文したのは日替わりの豆料理でした

Img_3833 レンズ豆の煮込み(書かれていた正式名は忘れた)。

テーブルに三種類ホットソースが置かれているので、好みの辛さに出来る。

わたしは勿論いちばん辛いのをじゃばじゃば(いや、ちょろちょろ)掛けました。

ご飯かコーンブレッドかブレッドボウルから、わたしが選んだのはボウル。これ、お腹ポンポンになります。これでもSサイズね。

蓋の部分は「持ってかえりたいので、紙ナプキンもらえますか?」と頼みました。

こういうの、作ろうと思えば作れるんやろけど、こういう味付けでは母が食べるか否か分からんしねぇ。

東京へ行く機会があれば、此処、また行こうっと

で、食べたら、目の前にある靖国神社へお詣りしに行きました。

軍国主義とか右向きとか、まぁそう思う人はそう思ってください。

   

約四年前の、東京マラソンのあとに一度訪れました。

そんときは南門から入って南門より出たのですが、今回は正門(?)までトコトコ歩いてみました。行きたいトコへ行くにはまだ時間たっぷりあったので。

狛犬がよぉけ居るのねぇ、靖国神社って。みんな表情も大きさも異なりました。

そのなかで、これ、一等気に入った!

Img_3835 子供をおんぶして、前足にはもう一匹の子供がじゃれている。

思わずにこ~っとなる狛犬です。

おかあさん?おとうさん?どっちか分からんけど、この子も笑っとるんやもん。

   

地下鉄で移動。外交史料館へ向かいました。

Img_3836 マッサン展。

思てたよりショボイ規模ですが、三年前に余市の蒸留所へ行ったときのこと、留学中にスコットランド旅行をしたときのことが鮮やかに思い出されました。

土曜日の開始事項は13時30分。その直後にわたしは入場したんやけど、一人、また一人、今度は二人、と観覧者が絶えることなかったです。

マッサン展は特別展やけど、常設はじっくり時間をかけて一つずつ資料を読みたいですね。そういうところでした。

   

さて、お待ちかねのトロンコーニ

東京マラソンの御褒美、としてしか食べたことないけれど、マラソン走れる身体っちゃうのに食べたくて行ってみましたよ。

でもなぁ、席空いてへんだら食べられへんしなぁ…、どうか空いとってぇ!と心の中で叫びながら行ったら、ラッキー 座れました。

Img_3840 ショートケーキと、

Img_3841 なめらかプリン。

少し目先の変わったケーキは値段も少々高めなので諦めました。

まだそこまで贅沢できる身分ではなーい。

ショートケーキを一口食べた瞬間、「はぁ~」と思わず云うてしまいました。

なんというか、何がどーこーで、あれがどーこーで、という理屈抜きで美味しいのです。

わたし好みのケーキなのですよ、此処の。

店員さんの感じもエエしね。

もう一つのテーブルに着いてたカップルは、二つずつケーキ注文してたんで合計四つ。

エエなぁ、四つもいっぺんに食べ比べ出来るやん、と羨ましかったです。

財布の中身云々より、いっぺんに二つ食べられなくなった胃袋がウラメシイんやけどね。

   

新幹線の中で食べるサンドイッチと土産を大丸で買って、銀の鈴の近くの酢の店で酢を飲んで電車に乗り込みました。

東京~有楽町以外は全部座れたんやけど、座ったはエエが立ち上がるのに支え(つかまる棒等)が要りました。

帰りの車内で「なんで電車の中に居るんやろ?なんで宇都宮に居らんのやろ?」と思うと悲しくなってきました。

昨日も「今頃スタートブロックに着いたかな」「だいたい10kmくらい走ったとこかな」「やっと半分か」「ああ、30kmまで来たころや」「フィニッシュゲート潜れたかな?まだかな?」「ああ、宴会始まったころやん」等々、まぁ初めてのDNSでいろんな気持ちがぐるぐるしとりました。

ひとりで東京ぶらり。

いつもひとりでぶらり。

これがわたしのスタイルか。

次に東京へ行けるのはいつかなぁ…。












より以前の記事一覧